低価格で借りる

バーチャルオフィスとは、通常のオフィスのような実際のスペースがなく、住所や電話番号、FAX番号といった必要最低限のものだけをレンタルするような形態のオフィスです。そのため、郵便物や電話は、あらかじめ設定した住所や電話番号に転送される仕組みになっています。また、よく比較されるのがレンタルオフィスですが、レンタルオフィスは実際のスペースがあり、実際の業務をすることができる点で、バーチャルオフィスとは異なります。しかし、バーチャルオフィスはレンタルオフィスよりも非常に安いコストで借りることができ、契約時に必要な敷金などもかかりません。レンタル費用はまちまちですが、数千〜数万円ほどで借りられる場合が多いです。そのため、起業をスタートする際には、今後もますますバーチャルオフィスの需要が高まることが予想されます。

このように、バーチャルオフィスには様々なメリットもありますが、一方で気をつけておかなければならない点もあります。通常のオフィスと異なり、実体が曖昧と認識されやすいため、法人としての銀行口座の開設や、各社会保険などの申請が難しくなります。また、最初に述べたように、バーチャルオフィスは住所や電話番号をレンタルしますが、この住所や電話番号は他の企業と共有することになります。そのため、第三者が自分のバーチャルオフィスをインターネットで検索した場合、他の企業名がでてくる可能性があり、バーチャルオフィスであると気付かれてしまう点です。また、古物商などの許認可が降りない場合もありますので、ネットショップを開設してアンティーク商品を売りたいと考えている人などは、注意しましょう。